実行委員長挨拶

第95回同窓会総会実行委員長

小林 久

 

本日、第九十五回山梨県立韮崎高等学校同窓会総会並びに懇親会が、多くの皆様のご協力により、盛大に開催される運びとなりました。当番幹事一同、心より感謝し、厚く御礼申し上げます。今年度当番幹事は、昭和五十六年三月卒業、第三十一回生が務めております。参加された皆様に対し精一杯のおもてなしができるよう、各担当部会が仕事の合間をぬって準備を重ねてまいりました。

何十年ぶりに再会した友とは、一瞬にしてその空白期間を埋めてしまうほど同級生の絆は貴重なものです。恩師や旧友、先輩後輩が一堂に会す同窓会総会懇親会は、その集大成でもあります。

我々の高校時代は本校サッカー部の全盛期でもありました。毎年お正月には国立競技場へ出向き、母校の応援が出来たことは一生の思い出であり同窓生の誇りです。これからも本校サッカー部が活躍できるよう、同窓会組織一丸となって応援していく所存です。

今年度の同窓会テーマは「創造」といたしました。時代がめまぐるしく変化する現在、同窓生を取り巻く環境も決して平坦なものばかりではありません。古き良き時代は良い思い出として、これからの未来に向けて挑戦していかなければなりません。校訓である「百折不撓」はその都度我々に勇気を与えてくれます。我々の誇りである大村智先生も失敗を恐れず挑戦していくことを教えてくれました。まさに「韮高魂」です。

我々は、恩師の先生方のご指導により伝統ある校風の下、皆が個性を伸ばしていくことができました。今後は地域社会にこの恩返しができるよう、より一層精進を重ねてまいります。

結びに、記念誌に広告協賛いただきました法人・個人・関係者の皆様に、心より感謝申し上げます。加えて母校である韮崎高等学校並びに同窓会が益々発展されますよう心より祈念し、実行委員会を代表してのご挨拶とさせていただきます。